スポンサーリンク

2002年日韓ワールドカップ韓国イタリア戦で主審を務めたバイロン・モレノ氏が5日、母国エクアドルのユーチューブチャンネル『Futbol Sin Cassette』に出演し、誤審問題について振り返った。

エクアドル人元審判員のモレノ氏は、2002年日韓W杯決勝トーナメント1回戦の韓国イタリアを担当。試合では韓国選手によるラフプレーを見逃す一方、ダミアーノ・トンマージのゴールデンゴールを取り消すなどしてイタリアに不利な判定を下した。この結果、イタリアは延長戦に入った117分、アン・ジョンファンに決勝点を許して敗退が決定。試合の行方を左右する疑惑の判定を繰り返した主審のモレノ氏に対し、大会終了後も数多くの批判が浴びせられた。

そのモレノ氏が17年の時を経て、誤審問題について口を開いた。インタビューの予告では、ジャンルカ・ザンブロッタに対する背後からの悪質なファウルについて、「レッドカードに値した」と過ちを認める発言を見せており、イタリア『メディアセット』も本編の公開に注目していたが、「ジャッジを後悔しているかに思われたが、その反対のようだ」と戸惑いを見せることになった。

モレノ氏は、自身の韓国イタリア戦のジャッジに「8」との採点をつけて胸を張った。フランチェスコ・ココに対するファウルについては、「これは見ていなかった。見ていればファウルをとったが、別の選手がいて見えず、難しかった。副審が私をサポートしてくれなかった」と主張。またココが流血したシーンについては、「負傷したのは、ボールから離れた場所で(ジェンナーロ)ガットゥーゾと接触したときだ。韓国選手との接触ではない」と続ける。

またパオロ・マルディーニの頭部への蹴りについては、「見てくれ、こんなに前に選手がいる。韓国選手はボールを蹴るのに必死だったのだろう。私の位置からは見えなかった」と主張。さらにペナルティエリア内でフランチェスコ・トッティが倒されたシーンについては、「プレーを台無しにしようとしたのはトッティだ。韓国選手は先にボールを触ってからトッティに触れた」と述べ、トッティのシミュレーションとした自身の判定を一貫して肯定した。

続いてイタリアのゴールがオフサイドにより取り消された場面に関しては、「私がいた場所からどうすれば見えるというのか。オフサイドではなかったが、これは副審が私に伝えるべきことであり、私が言うべきことではない。私には、オフサイドかどうかを判定するのは不可能だった。副審が旗を上げたので笛を吹いたまでだ」と結論付けた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190507-00010025-goal-socc
Byron Moreno admits making mistakes in 2002 South Korea vs Italy World Cup match
>ザンブロッタに対する背後からの悪質なファウルについて
>「レッドカードに値した」と過ちを認める発言

<アーセナルサポ>
・過ちだと、うそつけ!あれは明らかな買収だったわ

<ミランサポ>
・こいつはエクアドルでも最悪なレフリングをしていた
 過ちとかフザけたことを言うな。麻薬の密輸も発覚していたしな。

<ユベントスサポ>
・過ち?

<アーセナルサポ>
・いや、彼は賄賂を受け取って不正行為をしていただろ

<ドルトムントサポ>
・彼は過ちを犯していない。買収されていただけだ
 これはレフリーが無能というよりも
 買収されていたと俺が見なす数少ないケースだ

   


<インテルサポ>
・アメリカで6キロの麻薬を密輸しようとしたことも過ちなのだろうか

<チェルシーサポ>
・また怒りがこみ上げてくるわ。モレノかエブレベ、
 どっちのレフリーの方が腹立たしいか分からないな

 ※エブレベ主審はあのチェルシー対バルセロナを担当したレフリーです

買収された嘘つきが、よくも「過ち」だなんて言えるな、○ね

<ユナイテッドサポ>
・17年経過しても、まだこれについて
 みんながガタガタ言っているのが見られて嬉しいね

>判定に自信

・不正行為に自信だろ?もっともだ

イタリア
・俺が見てきた中でも最低のレフリング
 あの試合、彼は賄賂を受け取っていたに違いない

<カナダ>
・スポーツ史上最も明白な不正行為だ
 麻薬密輸で有罪判決を受けた不正試合の仕掛け人だ

<ミランサポ>
・麻薬を密輸した奴に期待しても無理だ・・・

<ミランサポ>
モレノはスポーツ界のまがい物。サッカー界から追放すべきだ。
 この男がサッカー史上屈指のチームが負けるよう不正行為を働いたのは明白だ
 うちが優勝するはずだったワールドカップだったのに

<アメリカ>
モレノはまだ薬をやっているに違いない

<ナポリサポ>
・老いぼれた人間のクズめ、失せろ

<オーストラリア>
・この男は本当にく○野郎だ、史上最大の不正行為だ

<アメリカ>
・なんてこった!17年も経過して・・・モレノ
 シミュレーションじゃなかったからイエローは出すべきではなかった
 クソ野郎、○ね!

<ミランサポ>
モレノはまじでこの世から消えてくれ

<インテルサポ>
・いやいやいやいや。この屑は試合を不正に操作していた。
 彼のせいでイタリア代表がめちゃくちゃになったんだ。

<アメリカ>
・この男は最低レベルのレフリーだ。ワールドカップでの大失敗だけじゃない。
 麻薬密輸で有罪になったのに、よく厚かましく意見できるな。

<カナダ>
◆この男はまだ生きているのか?!! 笑
 俺が見てきた中でも断トツで最低のレフリングだったわ

 <スポルティング・リスボンサポ>
 ・あの試合は100%買収されていた

  <カナダ>
  ◆疑いようがない 💯
   あの試合に比べたらうちのレフリーが
   コッリーナやハワード・ウェブに思えてくるわ
   あの大会全体が大失敗だった

<イングランド>
サッカー界随一の悪党だ。

モレノ氏は、さらにこんなことも明かしている。

「試合後にトッティや(ジョバンニ・)トラパットーニ監督と話そうとしたが、どちらもそれを望まなかった。私はイタリアに損害など与えていない。トッティに対するPKはなかった。おかしなことはまったくない」

ついには、トラパットーニ監督の批判まで始めた。

「トラパットーニが臆病者だったんだよ。トッティが退場になってから、彼は(ダミアーノ・)トンマージを入れた。攻撃できる選手はアレッサンドロ・デル・ピエロだけだったんだ。いつも通り、トラパットーニが臆病だったのさ」

 ちなみにその試合では、トンマージは先発出場しており、トッティが退場した時には、デル・ピエロはすでにベンチに下がっていた。17年という月日が流れ、モレノ氏の記憶もあいまいになっているようだ。

https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=58200

<ローマサポ>
・呆れるわ 😂 ...もしトラパットーニがストライカーを出しても
 買収されたレフリーに打ち勝てるものはいないわ...

六月の勝利の歌を忘れない 日本代表、真実の30日間ドキュメント DVD-BOX

ポニーキャニオン (2002-11-20)
売り上げランキング: 29,387

オススメのサイトの最新記事

Source: NO FOOTY NO LIFE

スポンサーリンク
おすすめの記事