【ドイツの反応】「理解できる」大迫勇也、コパアメリカ欠場へ..アジア杯酷使にブレーメンが異例の招集拒否文書

スポンサードリク
ドイツ1部ブレーメンは12日、所属するFW大迫勇也(28)について、日本代表が招待出場する6月開幕の南米選手権(ブラジル)への派遣をしないと発表した。既に日本サッカー協会にも伝えたとしている。大迫は日本が準優勝したアジア杯(UAE)で4試合4得点とエースの存在感を発揮したが、ブレーメンでは背中の痛みを訴えて5日のドイツ杯3回戦と10日のリーグ戦アウクスブルク戦でベンチ外となっていた。

 日本協会とブレーメンの間に火種が生まれた。ブレーメンは公式サイトで強化責任者のバウマン氏の声明を発表。大迫が出場したアジア杯決勝でけがを悪化させた形跡はないが、クラブに合流後は公式戦2試合を欠場している状況を報告した。同氏は「困惑している」と批判すると同時に、6月の南米選手権は休養優先で派遣しないことを決めた。13日朝、同選手権の派遣を拒否するメールが日本協会に届いた。

 大迫は昨年12月末のリーグ戦で右でん部を痛めた。UAE入り後の1月6日にチーム全体練習に合流し、初戦のトルクメニスタン戦(同9日)に先発出場。2得点の活躍と引き換えに、でん部の痛みを再発させ、別調整に入った。ただ、森保一監督(50)は「メディカルからの報告で大会期間中には回復できる」と治療を続け、準決勝イラン戦、決勝カタール戦でフル出場した。

 ブレーメン側は、出場できる状態だったかを疑問視しているようで、同氏は「準決勝、決勝に出場できたとして、それらの試合で悪化しなかった。でも、クラブに戻ってプレーできない」と触れている。協会関係者は拒否文書が届いた前例は「今まで聞いたことがない」としたが「(ブレーメンの)対応は理解できます」と話した。

 自大陸連盟以外の大陸別選手権について、国際サッカー連盟(FIFA)の規定では、協会が選手の拘束力を持たない。招集はクラブごとの判断になる。森保監督はアジア杯に不参加の海外組と東京五輪世代の国内組を中心に編成する考え。大迫が招集されなかった可能性が高いが、今年中に開幕する見込みのW杯予選を見据え、協会はブレーメンに対して真摯(しんし)に説明する必要がある。

https://www.hochi.co.jp/soccer/japan/20190214-OHT1T50000.html
Bremen will not release Japans Osako Yuya for Copa America

ヴェルダー・ブレーメンのフォーラムなどから海外の反応をまとめました

※<>なしがブレーメンサポーターの反応です

・そりゃそうだよ

<ドイツ>
コパ・アメリカ?日本はコパ・アメリカで何をするんだ?

 <ドイツ>
 ・記事を読めよ。日本はゲスト国として招待されたんだ。
  南米サッカー連盟には10カ国しかないから
  いつも2カ国招待されるんだ。

<ドイツ>
・大会は6月に行なわれる、だから夏の休みの時だ!
 ブレーメンは現実的に考えるんだ

 <ドイツ>
 ・休息を取ることを本当に軽く見ているな

・当然だ。日本がゲストとしてコパ・アメリカ
 招待されていることがそもそも馬鹿げている.🤷🏼‍♂️

・完全に理解できる!1年に2回も大きな大会に出るのは間違っている
 今の勇也は消耗してしまっている!
 このような怪我は過重な負担が原因で起こるものだ

スポンサードリク

 これは日本サッカー協会へ、ノーと言う明確なメッセージだ

<バイエルンサポ>
ブレーメンのもっともな反応だ
 代表に選手を出す義務がそもそも馬鹿げている

・日本人は代表への特別な思いがあるからね、この話はまだ終わっていないよ。

・彼は最終的にユーロかアフリカネイションズカップで
 プレーするだろうな・・・

 ・ユーロ?俺は大切な部分を見落とているか?

  ・コパ・アメリカに招待されるのならユーロにも出られるだろ 😉

❏売るんだ

 ・君を?うちは君を売って何かを得られるのか?

  ❏いや、俺はおっさんすぎるから 😊
   アジアカップなど代表でしかプレーしない選手でうちはどうしろと

   ・彼は本当に優れた選手だからうちにいることを喜ばないと
    それに代表でのプレーは名誉なことだ

   ・彼は怪我をしているからプレー出来ないんだ
    だから間違っていないぞ。それに11人だけで
    チームはやっていけない…

・確かにワールドカップ後の大迫は100%の状態ではなかった
 更に、アジアカップに招集されてしまったからな

・ピサーノの後釜が見つかったな
 うちの新たなラテンのストライカー
 女たらしのオオサコーニョ・ルイス・デ・ユウヤ

<不明>
・代表よりもクラブ、こうあるべきだ。

<不明>
・正直なところ、この決断は完全に理解できる。
 ワールドカップのせいで、大迫はプレシーズンの間ほとんどいなくて
 アジアカップがあったから、ウィンターブレイクでもチーム練習できなかった
 準決勝と決勝にしか出なかったが怪我をして帰って来た。

 今季のブレーメンは予想外に良いパフォーマンスを見せている
 EL出場権を獲得するのではないだろうか。そのためにも大迫が必要なんだ。
 
 日本は南米サッカー協会に属していなくて、本来参加する大会でないのなら
 選手を出す必要がないとFIFAのルールに書いている

<日本>
・完璧だ、日本は大迫のバックアップが大いに必要としているからね

<記者>
◆これで良いと思う。大迫はW杯とアジア杯でプレーして
 実力を証明する必要はないからな。
 
 (Jリーグの)シーズンの前半戦で出現する新たなストライカーか
 2020年へ向けた有望なストライカーを使う機会にする方がいい

 <日本/豪州>
 ・たぶん鈴木優磨かな?!

   <記者>
   ◆いい線いっているのではないだろうか!

<ベルギー>
・俺は鈴木優磨に大きな期待を抱いているよ(杉本もかも)
 彼は他の日本人ストライカーとは違う。柿谷のように華麗なプレーするも
 ゴールは奪えない周りをサポートするストライカーは多く見てきた
 日本にはゴールネットを揺らせる選手が必要なんだ

<ドイツの松本山雅サポ>
・我慢できる。大迫の実力を森保監督は既に把握している。
 北川が役割を担わない限り、センターフォワードのポジションの選手をテストできる。
 浦和に移籍した杉本には以前の調子を取り戻して欲しいね。
 鈴木優磨の代表デビューも時間の問題だろう。
 俺はずっと待望しているんだよ。

<チェコ>
・これは大きなニュースでちょっと楽しみでもある。
 ロシアW杯の予選から大迫は日本で唯一有能なストライカーなように思う。

 これで大迫に代わる選択肢を見つけないといけなくなるので
 森保監督にとって結果的に災い転じて福となるかもしれない。

サッカーダイジェスト 2019年 2/28 号 [雑誌]

日本スポーツ企画出版社 (2019-02-14)

Source: NO FOOTY NO LIFE

スポンサードリク

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人

 

当サイト管理人のサカまるです。最近の試合はもちろん、白黒時代の試合もネットで観戦したりしています。ペレ、ガリンシャ、ディステファノなど、フルマッチで観たことありますよ♪

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

歴史の残るレジェンドを見よ!

ペレのスーパープレイ集はコチラ

 

マラドーナのスーパープレイ集はコチラ

 

クライフのスーパープレイ集はコチラ

 

ベッケンバウアーのスーパープレイ集はコチラ

 

ディ・ステファノのスーパープレイはコチラ

 

プラティニのスーパープレイはコチラ

 

ロベルト・バッジョのスーパープレイはコチラ

 

ジョージ・ベストのスーパープレイはコチラ

 

ボビー・チャールトンのスーパープレイはコチラ

 

ジーコのスーパープレイはコチラ

 

プスカシュのスーパープレイのコチラ

 

エウゼビオのスーパープレイはコチラ

 

ロナウドのスーパープレイ集はコチラ

 

ファン・バステンのスーパープレイ集はコチラ

 

ガリンシャのスーパープレイはコチラ

 

マシューズのスーパープレイはコチラ

 

ヤシンのスーパープレイはコチラ

 

ムーアのスーパープレイはコチラ

 

ジダンのスーパープレイはコチラ

 

ストイコビッチのスーパープレイはコチラ

 

→ マルディーニのスーパープレイはコチラ

 

ブッフォンのスーパープレイはコチラ

 

釜本邦茂のスーパープレイはコチラ

 

フリットのスーパープレイはコチラ

 

ロナウジーニョのスーパープレイはコチラ

 

C.ロナウドのスーパープレイはコチラ

 

メッシのスーパープレイはコチラ

 

リバウドのスーパープレイ集はコチラ

 

フィーゴのスーパープレイ集はコチラ

 

ベッカムのスーパープレイ集はコチラ

 

フランチェスコリのスーパープレイはコチラ

サッカー好きに!公式情報サイト5選

このページの先頭へ