大谷翔平がGKをやっていたら、権田修一が描く“日本人GK界の青写真「日本対ベルギー戦を見てGKの重要性を再認識..」

スポンサードリク
275613_heroa

今季思わぬ低迷を強いられた鳥栖でひと際眩い輝きを放っているのが、ビッグセーブを連発している、GKの権田修一だ。32節終了時点でリーグ4番目に少ない34失点に抑えられているのは、この守護神の奮闘があるからだろう。

 鳥栖の絶対的な守護神として活躍し、森保一体制の日本代表ではコンスタントに招集され続けている権田だが、その胸中には大きな使命を抱いている。

「日本人GKの繁栄に少しでも貢献したい」

 その想いは、危機感からくるものだった。

「今、海外組の代表どころと言えば誰が挙がりますか。香川真司選手、長友佑都選手、中島翔哉選手、吉田麻也選手、酒井宏樹選手とかですよね。GKでは川島永嗣選手がすごく頑張っているとはいえ、やはり話題になるのはフィールドの選手。

宏樹選手がヨーロッパリーグで準優勝したり、長友選手がチャンピオンズ・リーグに出場したり、他にも中島選手がポルトガルの月間MVPになったり、堂安律選手が(キリアン・)エムバペと同じく若手の賞(コパ・トロフィー/フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』が創設した21歳以下の最優秀選手に贈られる賞)にノミネートされたりとか。

子どもたちが憧れるのはそういった世界的な活躍をしている選手です。GKもその中に入らないと。僕、東口順昭選手、シュミット・ダニエル選手、中村航輔選手、西川周作選手、先輩の川島選手、誰でもいい。そうしなければ、GKに憧れる子がどんどん減ってしまう。そういう危機感はかなり強いです」

 権田が憂うのは、日本人GKの衰退。日本では、フィールドプレーヤーに比べ、どうしてもGKが注目される機会は少ない。ただでさえ、Jリーグでも実力派の外国人GKが流入してきており、日本人GKの出番がますます減ってきている。

「だからこそ、GKを始める子を増やさないと。日本人は世界的に見ても身体が小さいけど、最近は野球界で言えば、大谷翔平選手、ダルビッシュ有選手、ソフトバンクの柳田悠岐選手みたいに骨格がしっかりしているアスリートが育ってきています。

もし彼らがサッカーを選んでGKをやっていたとしたら、凄そうじゃないですか。だけど、そうした体格に恵まれた子が、野球など他のスポーツに流れてしまっているのが今の日本。この国でGKをやっている以上、その現状を変えることも僕の使命だと自覚しています」

つづく

11/28(水) 18:27 サッカーダイジェスト
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=50783

2: Egg ★ 2018/11/28(水) 19:05:44.37 ID:CAP_USER9

クルトワに打ち勝つ。その舞台に僕が立っている

 日本人GKの繁栄に貢献するという使命感は、テレビで観戦していた今年6月のロシア・ワールドカップを通じて、さらに強まった。

「日本対ベルギー戦を見て、GKの重要性を再認識させられたんです。上の舞台に行けば行くほど1点の重みが違うなと。これから日本はベスト8入りが目標になる。それにはベルギーのような強豪を倒す必要がある。つまり今レアル・マドリーで正GKを務めている(ティボー・)クルトワに打ち勝つということです。その舞台に僕が立っていて、その姿を見た子どもたちにGKに憧れを持ってほしい」

 憧れられる存在になるため、目下の課題は、2020年のカタール・ワールドカップへの出場だ。代表定着への想いも膨らませる権田は、青写真を描いている。

「影響力という意味で、代表にも選んでもらい、日本のトップでやれているのはすごく有難い。意見を発信するためにも、ハイレベルな場所に居続けなければいけません。もちろん僕が現役でいられるのは、あと10年ちょっとくらいで、その間に大きく変わらないかもしれない。けれども、もしも僕がコーチになった時に、自分に憧れてGKになった選手がいたら嬉しいし、もっと言えば、そういう選手の成長を老後の楽しみにしたい。『ああ、あいつ、ついにチャンピオンズ・リーグの決勝に出たか』みたいな(笑)。「『日本人GKって良いよね』って世界的に評価される時がきたら最高です」

5: 名無しさん@恐縮です 2018/11/28(水) 19:08:00.58 ID:KaiFdzR50

若林や若嶋津みたいなGKがいれば人気でるのに

6: 名無しさん@恐縮です 2018/11/28(水) 19:08:50.36 ID:A4qw1+f/0

>日本対ベルギー戦を見てGKの重要性を再認識
すごく遠回しに川島ディスってんなw

8: 名無しさん@恐縮です 2018/11/28(水) 19:09:06.75 ID:Z8m1hEWB0

できるかなじゃねぇんだよ
やるんだよ、おまえが

9: 名無しさん@恐縮です 2018/11/28(水) 19:10:10.38 ID:vO8sdgQ60

よく言われるドイツでは…はガセだけどな
あっちでも普通に得点にかかわるベッケンバウアーやミュラーが英雄よ

10: 名無しさん@恐縮です 2018/11/28(水) 19:10:15.42 ID:SxCL8rnR0

川島批判

11: 名無しさん@恐縮です 2018/11/28(水) 19:10:27.61 ID:wYjyGclR0

柳田とか広島の大学リーグであんま注目されてなかった選手なんだから
体格だけで言えば大学生くらいなら探せばいっぱいいると思う
そこからサッカー転向できるかしらんけど

12: 名無しさん@恐縮です 2018/11/28(水) 19:11:05.56 ID:VjOwEiQq0

今1番競技人口多いのはサッカーだぞ
何でバカの1つ覚えみたいに野球に流れるーってなるかね?
今野球人口かなり減ってんのよ
もう少し勉強してから書き込んでくれ

16: 名無しさん@恐縮です 2018/11/28(水) 19:14:01.53 ID:f2vvNPZQ0

>>12
単にお遊びでやってるガキの競技人口多いのと
その中でフィジカルエリートが将来見据えて真剣に取り組むプロ予備軍路ガチ勢の競技人口が多いのとはまた話が別だろ
理解力皆無のアホかよw

27: 名無しさん@恐縮です 2018/11/28(水) 19:18:44.74 ID:uzvdiIjo0

スポンサードリク

>>16
フィジカルエリートのわりにu18野球代表が韓国台湾にボコられてる事実をどう説明するのか

13: 名無しさん@恐縮です 2018/11/28(水) 19:11:38.29 ID:ZPHUpa490

GKなんて投げられる役割だし

15: 名無しさん@恐縮です 2018/11/28(水) 19:13:10.18 ID:Outo6z6o0

大谷の前に平山がGKをやっていたらと仮定すればいい

20: 名無しさん@恐縮です 2018/11/28(水) 19:15:16.24 ID:YbqpOdp+0

>>15
CBのうしろがスースーしそうだな

17: 名無しさん@恐縮です 2018/11/28(水) 19:14:17.44 ID:ogABl7mc0

キャプテン翼の弊害だな・・・それ見て育った世代が今や指導者世代だし(´・ω・`)

FW:個性的な能力高い選手が奴
MF:まさに神。MFこそがサッカーを支配する
DF:噛ませ犬。MFにいかに無様にやられるかが存在意義
GK:噛ませ犬。MFにいかに無様にやられるかが存在意義

そらDFやGKを強化しようとは思わないしやりたいって人材も出てこない(´・ω・`)

999: 

風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999

25: 名無しさん@恐縮です 2018/11/28(水) 19:18:02.51 ID:GIaxyjVH0

>>17
サッカーが日本でメジャーになった功績もあるけど弊害もあるよね

28: 名無しさん@恐縮です 2018/11/28(水) 19:18:51.42 ID:Outo6z6o0

>>17
むしろキャプ翼のGKって花形な気がするんだけど

18: 名無しさん@恐縮です 2018/11/28(水) 19:15:02.94 ID:V717vU9r0

日本のキーパーはアジアの中でもレベルが低いからな

21: 名無しさん@恐縮です 2018/11/28(水) 19:16:28.84 ID:YDfXnLe20

むしろgkなら大谷よりNBA渡邉や八村だろ
身長ならバスケじゃなくてバレーの選手でも構わんし

22: 名無しさん@恐縮です 2018/11/28(水) 19:17:04.31 ID:ogABl7mc0

てか

ハーフナー・マイクは何でGKやらなかったんだ?体格なんてまさにGK向きだろう
親父さん名GKなのになんで息子がFWなのよ(´・ω・`)
兄貴よりデカい息子はDFやってるし・・・謎過ぎる

23: 名無しさん@恐縮です 2018/11/28(水) 19:17:45.64 ID:Ouibkxo40

大谷はヤバイ
接触したら骨がおれるし靱帯も消滅するくらい弱いから

24: 名無しさん@恐縮です 2018/11/28(水) 19:18:00.68 ID:/dA2dlnn0

野球は投手が主役だがサッカーのGKは脇役だからな

36: 名無しさん@恐縮です 2018/11/28(水) 19:22:22.37 ID:g5TQrspUO

>>24
キャッチャーが近いかな
ポジション的にはショートだけど
坂本なんかキーパーに良いんじゃね
重要ポジションなのに人気がない
人気がないから有望な若手が少ない

26: 名無しさん@恐縮です 2018/11/28(水) 19:18:07.41 ID:zsvBweFw0

うちらはシュミットという大谷の上位互換のフィジカルエリートを手に入れたから
権田とか洋ナシですわ

東京五輪世代のGKなんて190cm前後がゴロゴロいるんでね

30: 名無しさん@恐縮です 2018/11/28(水) 19:19:42.22 ID:Ouibkxo40

大谷はトーテムポールって呼ばれていて佇んでいると凄そうだけど動くと折れちゃうんだよ、すぐに

31: 名無しさん@恐縮です 2018/11/28(水) 19:20:25.76 ID:uFyhhwpi0

GKは控えの出番がほぼないのが問題
試合に出られなきゃ序列が上がる事もないし

32: 名無しさん@恐縮です 2018/11/28(水) 19:21:03.52 ID:Zro31AoT0

大谷が三角跳びやれってかw

35: 名無しさん@恐縮です 2018/11/28(水) 19:22:07.08 ID:0X8uX0380

大谷の頃はまだ競技人口は 野球>サッカーだった気がする
いまは野球ファンの俺から見ても、人材はサッカーのほうが上だと思うよ

37: 名無しさん@恐縮です 2018/11/28(水) 19:22:50.33 ID:CSRcc5ya0

野球は身長競技じゃないし甲子園見ても身長高いのそんなにいないし野球に取られてるとかサカオタの妄想でしかない。

というか林だのシュミットダニエルだのでかいのいるじゃん
単に自分達の育成が糞なだけだろ

ダルビッシュや大谷がサッカーやっていても日本の育成レベルでは今の現実を変えるような選手になんてまずなってないよ

40: 名無しさん@恐縮です 2018/11/28(水) 19:24:20.91 ID:oIThlrPy0

身体能力高い長身の子供がわざわざサッカーのGKみたいなクソつまんねぇ脇役やるわけないんだよなぁ
他のスポーツやったら主役になれるんだし、そっちの方が楽しいに決まってる

42: 名無しさん@恐縮です 2018/11/28(水) 19:24:37.72 ID:cpd2LORX0

ペナルティエリア外からのシュートは絶対に決めさせないGKが世界にはゴロゴロいるんだと信じていたあの頃

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543399489/0-

999: 

風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999

Source: サカラボ | サッカーまとめ速報

スポンサードリク

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人

 

当サイト管理人のサカまるです。最近の試合はもちろん、白黒時代の試合もネットで観戦したりしています。ペレ、ガリンシャ、ディステファノなど、フルマッチで観たことありますよ♪

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

歴史の残るレジェンドを見よ!

ペレのスーパープレイ集はコチラ

 

マラドーナのスーパープレイ集はコチラ

 

クライフのスーパープレイ集はコチラ

 

ベッケンバウアーのスーパープレイ集はコチラ

 

ディ・ステファノのスーパープレイはコチラ

 

プラティニのスーパープレイはコチラ

 

ロベルト・バッジョのスーパープレイはコチラ

 

ジョージ・ベストのスーパープレイはコチラ

 

ボビー・チャールトンのスーパープレイはコチラ

 

ジーコのスーパープレイはコチラ

 

プスカシュのスーパープレイのコチラ

 

エウゼビオのスーパープレイはコチラ

 

ロナウドのスーパープレイ集はコチラ

 

ファン・バステンのスーパープレイ集はコチラ

 

ガリンシャのスーパープレイはコチラ

 

マシューズのスーパープレイはコチラ

 

ヤシンのスーパープレイはコチラ

 

ムーアのスーパープレイはコチラ

 

ジダンのスーパープレイはコチラ

 

ストイコビッチのスーパープレイはコチラ

 

→ マルディーニのスーパープレイはコチラ

 

ブッフォンのスーパープレイはコチラ

 

釜本邦茂のスーパープレイはコチラ

 

フリットのスーパープレイはコチラ

 

ロナウジーニョのスーパープレイはコチラ

 

C.ロナウドのスーパープレイはコチラ

 

メッシのスーパープレイはコチラ

 

リバウドのスーパープレイ集はコチラ

 

フィーゴのスーパープレイ集はコチラ

 

ベッカムのスーパープレイ集はコチラ

 

フランチェスコリのスーパープレイはコチラ

サッカー好きに!公式情報サイト5選

このページの先頭へ