スポンサーリンク
1: 2019/06/27(木) 09:09:52.96 ID:N8P6zbXx9
no title

ボローニャはシント=トロイデン(STVV)に所属する日本代表DF冨安健洋の獲得交渉で合意に至ったようだ。イタリア『スカイ』など各メディアが報じた。

2018年1月にアビスパ福岡からSTVVに加わり、今シーズンはジュピラーリーグで印象的なパフォーマンスを残した冨安。今夏のステップアップは既定路線と伝えられており、これまでボローニャが具体的な動きを見せている。先日には600万ユーロ(約7億3000万円)の獲得オファーを提示するも、1000万ユーロ(約12億2000万円)を求めるSTVVに断られたと報じられている。

ここに来て、同じセリエAのラツィオも獲得に乗り出すと伝えられる中、ボローニャとSTVVがついに合意に至ったと報じられた。移籍金額に関しては二転三転があったものの、700万ユーロ(約8億5000万円)でまとまったという。

コパ・アメリカにも参加していた冨安は、28日に正式契約のためイタリアへと渡る見込み。いずれにせよ発表は今週にもされることとなりそうだ。

GOAL6/27(木) 7:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190627-00010003-goal-socc

63: 2019/06/27(木) 09:22:31.41 ID:oGp2hX0E0
>>1
センターバックがセリエAでスタメン張れたら
たいしたもんだな

【 外部記事 】

127: 2019/06/27(木) 09:33:48.43 ID:6Ut60M5u0
>>1
イタリアは不味くないか?
覚えた言語があまり役に立たないからステップアップ難しくなるぞ
将来ビッグクラブに移籍したいならプレミアかスペインじゃないの?

3: 2019/06/27(木) 09:11:09.18 ID:OzT6RXkI0
ベルギーから欧州主要のセリエAか

216: 2019/06/27(木) 09:45:24.91 ID:M4B0FFSH0
>>3
順調にステップアップしとるな。
年齢からいってまだまだ上に行くな


続きを読む

Source: SAMURAI Footballers

スポンサーリンク
おすすめの記事