スポンサーリンク
1: 2019/07/13(土) 09:48:18.96 ID:5Zqla3qH9
ナダ初日の練習で華麗なターンからの横パスでベンゼマのゴールを演出

no title

スペインの名門レアル・マドリードに移籍した日本代表MF久保建英は、北米遠征のためにカナダ入りしたトップチームに帯同し、スター選手たちとトレーニングをこなしている。初日には、ミニゲームで鮮やかなターンから元フランス代表FWカリム・ベンゼマのゴールを演出する様子がクラブ公式サイトの動画で映し出されたが、スペインメディアは「ベンゼマに贅沢なパス」「ハイクオリティーなタッチ」と称賛している。

 8日にスペインの首都マドリードで始動したレアルは、翌9日に北米遠征のためカナダへ出発。10日には早速モントリオールで初練習を行った。スペイン代表DFセルヒオ・ラモスやブラジル代表DFマルセロ、ベンゼマらスター選手に交じり、今夏にFC東京から移籍した久保がランニングする様子はクラブ公式YouTubeチャンネルでも公開された。

 クラブ公式サイトでは、別途初日の練習の模様を写真と動画でアップ。ミニゲームでは、ドイツ代表MFトニ・クロースにスペースへの縦パスを要求すると、周囲からスペイン語で「ターン!」と声が飛ぶなか、トラップして反転し、ゴール中央へ飛び込んできたベンゼマに横パスを供給してゴールを演出。ネットが揺れた瞬間には拍手も起こった。また、フォトギャラリーではドリブルするアザールに対して守備につくシーンも捉えられている。

 スペインメディア「Defensa Central」は、「久保:モントリオールでベンゼマに贅沢なパス」と題し、久保のプレーを「ハイクオリティーなタッチ」と称賛している。

「ホットラインを形成したそのディテールを確認することができた」と高評価

「久保建英はジダン率いるレアル・マドリードの未知数な存在の1人だ。彼は素晴らしい才能を持った選手であることは知られているが、このようなビッグクラブで他のメンバーとどのような成長を遂げるかは分からない。ただ我々は、カリム(ベンゼマ)への素晴らしいパスでホットラインを形成したそのディテールを確認することができた」

 日本から来た18歳のレフティーは世界的なビッグクラブ内では“未知数”としつつも、ミニゲームでのベンゼマへのアシストで、才能の一端を垣間見ることができたとしている。

 日々のトレーニングに加え、バイエルン(20日/ヒューストン)、アーセナル(23日/ワシントンDC)、アトレチコ・マドリード(26日/イースト・ラザフォード)と対戦するプレシーズンマッチでどこまでジネディーヌ・ジダン監督にアピールすることができるだろうか。

7/12(金) 20:05配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190712-00203166-soccermzw-socc 

3: 2019/07/13(土) 09:50:23.42 ID:lEawvUCu0
くんさんさん!

【 外部記事 】

4: 2019/07/13(土) 09:50:57.72 ID:S6ZEbPxz0
クロースからパスを受けてベンゼマをアシストってそれだけで引退後孫に自慢できるな

7: 2019/07/13(土) 09:52:38.48 ID:VorFwlt30
久保は積極的にゴールしろよ
起点とかキラーパスとかいらんから

24: 2019/07/13(土) 10:16:45.05 ID:/VdnYUKc0
>>7
アホだなぁ。キラーパスできる人がいるからゴールできる人もいるんだぜ
シュートするべきところでパスするような選手とは違う
カニみたいにパスすべきところでシュートしようとチャンスを逃すのとも異なってる
久保は判断ミスをしてない
この違いが分からん奴はサッカー語るべきではないよ


続きを読む

Source: SAMURAI Footballers

スポンサーリンク
おすすめの記事